薬剤師さんが転職を考えるとき

私がOLをしていたのはいまから30年も前のことで、そのころの日本はバブルと呼ばれる時代をすごしていました。
そのころは就職難ということばはほとんど聞かれない頃で、働く意欲があって会社を選ばなければだれもが確実に仕事を得ることができた時代でした。
簡単に就職できた時代があったのが嘘みたいにいまは、就職難の時代になっています。
新卒であっても簡単には就職できず、やむなく、派遣や契約社員からのスタートという若者も少なくない時代です。
でも、医療関係、とりわけ、医者、看護師、薬剤師は人材不足といわれている時代です。
時代がどう変わろうとも、病院はぜったいに必要ですし、そこで働く人は需要があるのは変わりがないからです。
そして、医師や薬剤師という資格はだれもが簡単に取得できる資格ではないということでいつまでも、人材不足が解消されないということが続くのでしょう。
女性の場合、薬剤師と働いていても、結婚や出産で一時的に仕事ができない時期というのがあります。
これが、普通の職業であったら、一度休職したりすると、復職するのが困難だったりしますが、薬剤師という仕事は別です。
またご主人の仕事の関係で引越しを余儀なくされて、職場を退職という場合でも別のところで転職が可能な仕事なのです。
なぜならばどこにいったとしても、病院はありますし、人材不足ですから職場を探す気になれば、すぐにみつかることができるというとても恵まれた仕事なのです。
高収入だということも本当にいいですし、職場が簡単にみつかるということ、そして定年がないので、体が元気であったらずっと働けるというのが一番いいことだと思います。
昔でしたら、職場を見つけるのも求人雑誌というのをみて探すのが一般的だったと思いますがいまの時代は、すべてネットでみつけることができるのです。
ネットに自分の経歴などを登録して、希望の条件や年収などを登録しておけばおのずと候補が絞られてくるのです。
そしてそのなかから、ここと思う病院で面接などを受けてみたら採用ということになっていくのだと思います。


WordPress Themes